menu

Meat Cafe Ojima

横浜市中区野毛町2-93

TEL.045-341-0700

黒毛和牛A5 雌牛

牛肉の評価は、肉の柔らかさ、脂の味、見た目の美しさです。これらを追求していくと行き着く最高点が「雌牛」です。雌牛とは未経産牛、つまり出産をしていない「ミス」の牛のことです。反対の雄牛というのは去勢牛のことで、幼年のうちに処理をすることによってサシ(脂)が入りやすくなります。しかしやはり雄牛は雌と比較すると筋肉質な上、雌牛の方には不飽和脂肪酸が多く含まれており、融点が低いために口の中でとろけるような味わいとなります。付け加えて不飽和脂肪酸は体内で合成できず、健康に必須な栄養素つまり大変体に良い脂肪だということです。また雌牛は肉質自体がきめ細かく、舌触りも「絹のようだ」と比喩されることさえあります。このような理由から、有名なブランド牛の定義の中には、雌牛のみを規定している場合もあります。しかし、雌牛は去勢牛と比べて太らせにくく、飼育も難しいため流通は圧倒的に雄牛が多いのです。

国産黒毛和牛にはA-1~A-5までの格付けがあり、その中で最高級ランクのA-5番しかも雌の処女牛を丁寧に手切りしています。
雄牛に比べ決め細やかな肉の繊維と脂肪、それに溶ける温度が違い、雄牛にくらべ雌牛の方が低い温度で溶けるのでお味も雄牛より雑味が少なく あっさりしています。
最高級の雄牛はたくさん世の中に出回っていますが、雌の処女牛は希少価値とても高いのです。
いいとこだらけの黒毛和牛A5雌ステーキはいかがですか?